文月堂とは

-すれ違ったりぶつかったりしつつも、結局人によって救われていく-

 

フリーで役者として活動してきた三谷智子により、2007年に旗揚げ。

文月堂は一貫して、

「人間を愛をもって真摯に描く。時には優しく、時には厳しく赤裸々に」

「観に来てくれた人に、楽しい時間を提供し、何かを心に持ち帰ってもらう」

この2つをモットーに作品作りをしてきました。そして作品ごとにそれぞれを特化させ

-派手さよりも、丁寧に繊細に人間関係を描き出す作品-

-娯楽性に富み、必ず何か新しい“挑戦”をする作品-  

これらを両輪に活動してきました。

そして今後は、これら2つの要素を融合し、更に新しい作品づくりへと飛躍していきます。

 

第2回公演に書き下ろした「長男」は、劇作家協会新人戯曲賞優秀賞の最終候補作に選出。

最優秀賞を1票差で逃すもののその構成の緻密さ、人間を生き生きと描き出す力が評価されました。

また第7回公演「ちょぼくれ花咲男」では「小劇場でしか出来ない時代劇を奇をてらわずに演出した」と評価され

2011年 サンモールスタジオ最優秀演出賞を受賞しました

 

演劇は “一回性の芸術であり娯楽”です。

一度も味わわずに一生終えるなんて勿体ない!これからも多くの方に楽しんで頂ける様、貪欲に、上質な作品を作り続けます。

そして、更に快適に楽しんで頂く環境を持つべく、成長して行きたいと思っています。

 

 

三谷 知子(みたに さとこ)

2018年より「三谷智子」から「三谷知子」に改名しました

文月堂主宰 作・演出・俳優

劇団「時空劇場(作・演出:松田正隆)」に所属後、青年座養成所にて学ぶ。

卒業後はフリーの役者として、プロデュース公演や小劇場と幅広く活動の場を

広げていく。

2007年、「人生70年とすれば折り返し地点にたった自分達なりの思いや

視点から、人々の生き様を丁寧に描き伝えていきたい」との思いより、

文月堂を旗揚げ。

 

 

blog    「みたにんの”ぼちぼちいこか”」

■芸歴■

 立命館大学在学中に松田正隆氏主宰『劇団時空劇場』に参加し、出演。

 劇団青年座研究所にて2年間演技を学んだ後、フリー。

 

☆舞台☆

 【出演】

 オーツーコーポレーションプロデュース『飛龍伝』 演出:金盾進(新宿梁山泊)

 故林広志prd.『当時はポピュラー』シリーズ 作・演出:故林広志

 東宝『花も嵐も』 作:松原敏春 演出:栗山民也 主演:森光子

 シリ―ウォークプロデュース『ウチハソバヤジャナイ』作:ケラリーノ・サンドロヴィッチ 演出:ブルースカイ

 東京タンバリン『夏祭り』

 劇団KAKUTA 『北極星から十七つ先』 作:桑原裕子/演出:堤泰之 『甘い丘』 作・演出:桑原裕子 他

 散歩道楽  『かりあげてみた』 作・演出:太田善也

 ブラジル mini公演 『いつまでもここにいる』 作・演出:ブラジリィー・アン・山田

 文月堂  第1、2、4、6、8、9、10、11、12、14、15回公演、春夏冬中vol.1に出演。

 【作・演出】

 文月堂  旗揚げ以降のすべての作品。

 劇団一の会 『万福ラバーソウル』

■受賞歴■

 2008年   第14回日本劇作家協会新人戯曲賞の最終候補作に、第2回公演の 『長男』 が選出される。

 2011年  シアタートラム・ネクスト・ジェネレーションVOL3に参加の際、

        上演作品  『明るい表通りで -On The Sunny Side Of The Street-』 が

        世田谷パブリックシアター友の会 会員の選出による「友の会賞」を受賞。

  2012年   第7回公演 『ちょぼくれ花咲男』 が、2011年度サンモールスタジオ選定最優秀演出賞を受賞する。

 

     2014年  春夏冬中vol.1のオムニバスの作品のうちの一編 『朝顔』 が、第2回せんだい短編戯曲賞の優秀賞に入賞。

© 2007 by 文月堂

  • Twitter Clean
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now